スミナガシ (イシガケチョウ亜科)





吸水 京丹波町にて(2014年8月)




吸水 同上にて(2014年8月)




吸獣糞 同上にて(2014年8月)









ストロボ発光

【大きさ】 開張:約55〜70mm
【分布】 本州、四国、九州、南西諸島。
【成虫の出現期】 近畿では5月中旬〜6月中旬と
7月中旬〜9月中旬 ふつう年2回の発生。
【幼虫の食草】 アワブキ科のアワブキ、ミヤマハハソなど。
【その他】 蛹で越冬
谷筋に多いチョウで、樹液や獣糞に集まる。



back



inserted by FC2 system