サカハチチョウ (タテハチョウ科)





春型 豊岡市にて(2015年5月)









兵庫県香美町にて(2015年5月)




♀ 養父市にて(2014年5月)




産卵

【大きさ】 開張:約40〜50mm
【分布】 北海道、本州、四国、九州。
【成虫の出現期】 近畿では4月下旬〜6月上旬と
7月〜9月上旬 年2回の発生。
【幼虫の食草】 イラクサ科のコアカソなど。
【その他】 蛹で越冬
春型と夏型では、色合いが全く異なる。
成虫は花や樹液、獣糞に集まる。



back



inserted by FC2 system