ヒメアカタテハ (タテハチョウ科)





宝塚市にて(2013年11月)




三田市にて(2012年10月)




宝塚市にて(2014年12月)

【大きさ】 開張:約55mm
【分布】 本州(定着地域は関東地方以西)
河川、耕作地周辺に多い。
【成虫の出現期】 近畿では4月〜12月上旬 年3〜4回の発生。
【幼虫の食草】 キク科のハハコグサ、ヨモギ、栽培種のゴボウなど。
【その他】 成虫、蛹で越冬。



back



inserted by FC2 system