コミミズク





大阪府の河川敷にて(1月)




午後2時過ぎから活動し始めた



















ネズミを捕まえた




















フクロウ目 フクロウ科 トラフズク属
大きさ:カラスより小 (全長 約39cm)
日本には冬鳥として、ほぼ全国に渡来する。
他のフクロウと違って川原や草原に住み、昼間も活動する。
食性:ネズミなどの小型ほ乳類が主だが、小鳥や昆虫なども食べる。


戻る


inserted by FC2 system