アオバズク





大阪府能勢町の繁殖場所にて 親鳥A(7月8日)




親鳥B(7月8日)




昨晩巣立った子A(7月14日)




親鳥Aと子A(7月15日)
このとき巣立っている子は、まだ1羽だけだった。



親鳥Aと子A〜C(7月17日)
今年の子は合計3羽のようだ。(左端が親鳥)



少し角度を変えて・・ 当方のレンズでは、やはり距離が遠い。




もういないだろうと思って行ったら、まだいた。 子A〜C(7月20日)
この辺りでは18日の夕方頃から台風6号の影響が出始めていた。
そのため移動しないで、ここで待機したのだろう。


いつもいる木とは違う小さな木にいたので、至近距離から撮ることが出来た。
親鳥A(左端)と子A〜C(7月20日)

フクロウ目 フクロウ科 アオバズク属
大きさ:ハトくらい (全長 約29cm)
日本には夏鳥として、青葉が芽吹く頃にやって来る。
食性:小型ほ乳類や両生類、は虫類、小鳥、昆虫など。


戻る


inserted by FC2 system