トラフトンボ (エゾトンボ科)





♂ 宝塚市のため池にて(2013年5月)









羽化して間が無い♂ 宝塚市のため池にて(2016年4月23日)




腹端に卵塊を付ける♀ 三田市のため池にて(2017年5月)

【形態】 体長約50〜58mm
虎斑(とらふ)模様のトンボ。
♂の翅は透明だが、♀はふつう翅の前縁に黒褐色の条がある。
【幼虫の生息環境】 平地から丘陵地の水生植物が多い水質の良い池。
【近畿での成虫出現期】 4月上旬〜6月中旬。(5月に多い)
【その他】 近畿地方では各府県で見られるが、生息地は減少している。



back


inserted by FC2 system