ショウジョウトンボ (トンボ科)





♂ 宝塚市のため池にて(2012年6月)




♂ 加東市のため池にて(2011年7月)
ハッチョウトンボと同様に、陽射しが強いと逆立ちして避けるようだ。



シオヤトンボと同枝に止まるショウジョウトンボ♂ 宝塚市にて(2013年5月)




未成熟♂ 宝塚市にて(2012年6月)




ほぼ成熟した♂ 宝塚市にて(2015年8月)




同上




♀ 三田市のため池にて(2012年7月)




未成熟♀ 三田市のため池にて(2012年7月)




老熟した♀ 三田市のため池にて(2012年10月)

【形態】 体長約44〜55mm
若い♂と♀は全身が橙色で、成熟した♂は赤色に
♀は黄褐色に変化する。
【幼虫の生息環境】 平地から丘陵地にかけての抽水植物や
沈水植物などのある日当たりの良い開放的な池沼、湿地など。
【近畿での成虫出現期】 4月下旬〜11月上旬。(6月〜8月に多い)
【その他】 北海道から沖縄県まで分布、近畿地方では平野部に多い。



back


inserted by FC2 system