シオカラトンボ (トンボ科)





♂ 姫路市のため池にて(2011年9月)




アカネトンボを捕食の♂ 宝塚市にて(2015年7月)




同種であるシオカラトンボ♀を捕食の♂ 宝塚市にて(2015年8月)




蛾を捕食の♀ 兵庫県猪名川町にて(2015年7月)




♀ 宝塚市の里山にて(2011年6月)
自分達は子供のころ、♀をムギワラトンボと呼んでいた。

【形態】 体長約49〜60mm
未成熟個体では♂と♀であまり変わらないが、♂は成熟すると白粉を吹く。
♀も稀に♂と同様に白粉を吹く個体が見られる。
【幼虫の生息環境】 泥底の浅い池沼や湿地、緩流の河川。
【近畿での成虫出現期】 4月中旬〜11月上旬。(6月〜9月に多い)
【その他】 日本では広くに分布、近畿地方では普通に見られる。



back


inserted by FC2 system