オオシオカラトンボ (トンボ科)





産卵する♀を見守る♂ 宝塚市のため池にて(2011年8月)




産卵する♀




産卵する♀と見守る♂ 兵庫県猪名川町にて(2015年7月)




♂ 宝塚市のため池にて(2012年6月)




ペア 兵庫県猪名川町にて(2014年7月)

【形態】 体長約51〜61mm
翅の基部にシオカラトンボには無い黒褐色斑がある。
♂は成熟すると青灰色の粉を帯びる。
【幼虫の生息環境】 平地から山地の湿地、水田、休耕田や川など。
シオカラトンボと比べると、周囲が林で囲まれた閉鎖的な環境を好む。
【近畿での成虫出現期】 5月下旬〜11月上旬。(6月〜8月に多い)
【その他】 北海道から沖縄県まで分布、近畿地方は平地では少ない。



back


inserted by FC2 system