オグマサナエ (サナエトンボ科)





♂ 西宮市のため池にて(2012年5月)




♀ 三田市にて(2016年4月)

【形態】 体長約43〜50mm
【幼虫の生息環境】 平地から丘陵地の抽水植物が茂る池沼。
【近畿での成虫出現期】 4月上旬〜6中旬。(5月に多い)
【その他】 成熟♂は岸辺の植物などに静止して縄張りを持つ。
日本特産種で長野、静岡以西の本州、四国、九州に分布。
近畿では京阪神地域を中心に生息する。
環境省・準絶滅危惧(NT)



back


inserted by FC2 system