ニホンカワトンボ (カワトンボ科)





産卵中の♀ 猪名川町の用水路にて(2012年5月)




同上にて産卵中の♀を見守る♂




未成熟♂ 大阪府能勢町にて(2014年5月)




ハクサンハタザオに止まって翅を乾かす羽化して間がない♀
猪名川町にて(2015年4月)



林間で翅を休める♀ 猪名川町にて(2017年5月)

【形態】 体長約48〜64mm
♂の翅には無色〜橙色があり、♀の翅には無色と淡橙色がある。
【幼虫の生息環境】 平地から山地の渓流、細流に生息。
【近畿での成虫出現期】 4月中旬〜6月下旬。(5月に多い)
【その他】 別名オオカワトンボ
アサヒナカワトンボとの見分けが困難だが、
アサヒナカワトンボより下流の開けた環境に見られる。
無色翅〜淡橙翅の♂は、あまりはっきりした縄張りを持たず
あぶれ♂的に行動する。 日本特産種



back


inserted by FC2 system