モートンイトトンボ (イトトンボ科)





♂ 大阪府能勢町の水田にて(2015年6月)




♂ 三田市の水田にて(2015年6月)




♂ 同上にて(2013年6月)




♂ 同上にて(2013年6月)




♀ 同上にて(2013年6月)




産卵中の♀ 同上にて(2013年6月)




未成熟♀ 同上にて(2015年6月)

【形態】 体長約23〜32mm
♂は腹部後半が橙色で、♀は全身が黄緑色の小型のイトトンボ。
【幼虫の生息環境】 草丈の低い抽水植物の繁茂した
平地から低山地の池や沼、湿地、水田など。
【近畿での成虫出現期】 5月上旬〜9月下旬。(5月下旬〜7月上旬に多い)
【その他】 近畿地方では広く分布するが、
水田周囲の環境変化の影響を受けて激減している。
兵庫県レッドリスト:A 環境省・準絶滅危惧(NT)



back


inserted by FC2 system