ハッチョウトンボ (トンボ科)





2頭の♂ 宝塚市の湿地にて(2015年5月25日)




ペア 同上にて(2015年5月25日)




交尾の後♀は産卵に入る。(飛びながらの打水産卵)









休憩中の♀(産卵は休憩をはさんで繰り返し行われる。)




羽化後間がない♂ 宝塚市の放棄田にて(2011年6月)




♀ 同上にて(2011年6月)




♂ 加西市の湿地にて(2017年6月)




♀とトキソウの花 同上にて(2017年6月) 




♂ 宝塚市の放棄田にて(2010年7月)
逆立ちスタイルは、強い陽射しを少しでも避けるためだと言われる。



♂ 宝塚市の湿地にて(2015年8月)




♂ 宝塚市の湿地にて(2015年9月12日)
小さな白い花はシロイヌノヒゲ
もういないだろうと思っていたが、この日は3頭の♂を確認した。

【形態】 体長約18〜22mm ♀は腹部が太い。
【幼虫の生息環境】 モウセンゴケなどが生えるような水深の浅い湿地。
【近畿での成虫出現期】 5月中旬〜10月中旬。(6〜7月に多い)
【その他】 世界で最も小さいトンボの一つ。 兵庫県レッドリスト:B



back


inserted by FC2 system