ハグロトンボ (カワトンボ科)





産卵中の♀ 宝塚市の小川にて(2011年8月)




それを見守る♂




産卵中の♀ 猪名川町の川にて(2016年9月)





【形態】 体長約53〜68mm
中型のカワトンボで、♂の腹部背面は金緑色。
【幼虫の生息環境】 平地から山地の抽水植物、沈水植物が豊富な
流れの緩やかな河川、用水路など。
【近畿での成虫出現期】 5月中旬〜10月中旬。(7月〜8月に多い)
【その他】 近畿地方では高地を除いて広く分布する。



back


inserted by FC2 system