グンバイトンボ (モノサシトンボ科)





♂ 宝塚市の湿地にて(2011年6月)




未成熟♂ 三田市のため池にて(2012年5月)




♂ 猪名川町の用水路にて(2017年7月)




産卵中のペア 三田市の川にて(2012年6月)




ペア 宝塚市のため池にて(2015年6月)




ペア 宝塚市の川にて(2017年7月)




産卵中のペア 宝塚市のため池にて(2016年6月)









産卵中のペア 猪名川町の用水路にて(2017年6月)




同上にて(2017年6月)

【形態】 体長約34〜40mm
♂の中肢、後肢の脛節は白くて平らな軍配状になっている。
♀はモノサシトンボに似る。
【幼虫の生息環境】 ヨシなどの繁茂する河川中流域、渓流や丘陵地の細流。
(我がフィールドにおいては、小さなため池でもよく見られる。)
【近畿での成虫出現期】 5月上旬〜8月上旬。(5月下旬〜7月上旬に多い)
【その他】 日本特産亜種で本州、四国、九州に分布。全国で減少が著しい。
兵庫県レッドリスト:B 環境省・準絶滅危惧(NT)



back


inserted by FC2 system