洞窟入り口(滝の下端が見える)

シワガラの滝 落差10m 2005年5月

アクセス:《兵庫県新温泉町》
国道9号線を北上、湯村温泉を過ぎて千谷で左折し県道262号線に入る(目印はおもしろ昆虫化石館)。
化石館を過ぎて2km弱の所で右折する(海上方面への標識あり)。
海上の集落と芝桜公園を通り過ぎ、上山高原へ向って道なりに進む。
やがて右側に“シワガラの滝、桂の滝”の案内板と、5台分の駐車スペースがある。
(もしPに車を置けなくても路駐出来ない事はない)
ここから滝まで1200m、道標が完備しているので道に迷う事もない。
要所には鎖が張ってあり特に危険は無いが、谷への下り坂で滑りやすい個所があるので注意は必要。

やや年配のお嬢様方と一緒に、写真を撮りながらゆっくり歩いて滝まで35分かかった。
行ったのはゴールデンウィークだったが、まだ谷には残雪があり水は非常に冷たかった。
自分は磯釣り用の長靴を履いて行ったので、何とか濡れずに洞窟に入る事が出来た。
水の温む時期以外は長い履物を持って行かないと、ここまで来て洞窟に入れない事になってしまう。
ちなみに洞窟内の水深は、身長180cmの自分で膝小僧の少し上まであった。 《トレッキングシューズ》


シワガラの滝その2へ




洞窟手前右岸の滝? 落差100m弱

シワガラの滝は小又川渓谷の洞窟の中にある滝。
洞窟も凄いが、付近の渓谷も凄い。

駐車場近くの無名滝 落差7m

この滝の下流に布滝がある。

桂の滝との分岐点

分岐点から尾根を下ると唐突に水田が現れる。
ここから谷底まで急な下り坂。

洞窟奥から

洞窟を出て帰るところ。

洞窟入り口の天井付近

洞窟奥から

洞窟入り口から

重たいのを我慢して三脚は持って来たが、やはりここへ来る前に24mm広角レンズ付きのカメラを買っておくべきだった。
inserted by FC2 system