箕面の滝 落差33m 2006年12月

アクセス:《大阪府箕面市》
阪急箕面駅付近から豊中亀岡線(府道43号)を北上し、
トンネルを抜けて行くと右側に市営大日駐車場(無料)がある。
Pから雌滝まで徒歩10分位(滝はPの下流側)。
出来れば箕面駅から滝まで2.8kmの滝道を歩きたい。
大体の場所は北摂マップを参照して下さい。

雄滝は、Pから400mほど上流にある雄滝橋の下流50m付近(標識無し)。

紅葉の箕面大滝へ




箕面大滝(雌滝)

人々の、憩いの場となっている箕面の滝。
水量が少ないのは、ここのところ雨が降っていない事もあるのだろうが、上流に出来たダムの影響も大きいと思う。
付近一帯は大都市近隣の一大行楽地。
ここは滝よりも、紅葉と悪猿の方が有名だろう。

雄滝 落差3m

最も上流に位置するから、この小さな滝を雄滝と称したのだろう。
箕面の滝は、一の雄滝、二の瓔珞の滝、三の雌滝と三つある。
Pの売店裏の砂防ダムが瓔珞の滝(ようらくのたき)。
ダムの出来る前は小さな滝だったらしい。

inserted by FC2 system