神水瀑 落差10m 2018年10月


古座観光協会の紹介では落差15mの滝とあるが、見た目には10m程の滝だった。








滝とツーショット出来る位置に、そうは咲いていないキイジョウロウホトトギス。


ここへ来ようと思ったきっかけは、
サンテレビで放映された “日本ふるさと百景” に神水瀑が出ていたからである。

実はこの地には以前に1度来ている。
それは古座川の一枚岩に行った時の事である。
林道からそのまま滝が拝めると思ったのだが、実はそうではなかった。
道は狭く、滝のすぐ近くに駐車出来そうな場所は無い。
そのまま先へ進み、ターン出来る場所を見つけて引き返した。
当時は今ほど、滝に興味は持っていなかったのである。
それがどんな滝だったかも知らずままに、23年と9か月の年月が過ぎていたのである。



10月9日ではまだ咲き始めたばかりか、滝のキイジョウロウホトトギス。



それから、近くにある “道の駅一枚岩” まで昼食に行く。
(画像左は道中で見た飯盛岩)


古座川の一枚岩 山椒と一味をふりかけて食べる鮎そば、
美味しゅうございました。(*^ω^*)




アクセス!
 滝に行くだけなら、
県道38号線のここに駐車するのがよい。
駐車場所から脇道に入って行くと、
“神水瀑” の標識がある。


標識からだと5分もかからない。 そしてここから谷へ下りる。

アクセス:《和歌山県古座川町一雨(いちぶり)》
駐車した場所から滝の入り口まで、徒歩5分。
林道から滝下まで徒歩0.5分。
地理院地図に出ている滝記号は場所が違う。(地図)








inserted by FC2 system