亀が淵の滝 落差10m 2017年4月


降車後50mも歩けば滝が見えてくる。
ここへ来て何か、奥田縄の滝を連想しましたね。


小粒ながらも存在感のある滝だった。



“亀が淵” と呼ばれる深淵は、残念ながら小石や砂で埋まっている。
この位置からだとよく分らんが、形が亀に似ているらしい。
この滝の水で、地酒造り(清酒・田村のめぐみ)も行われている。


右岸から 左岸から



アクセス!
国道162号線・中名田児童館前交差点にある “亀が淵” の看板


“国道162号線・中名田児童館前交差点”
京都側からだとここで左折する。
中名田児童館前交差点から先は、
標識が完備している。


残り3.1kmの標識で左へ入る。 残り3.0kmの標識で左の小道へ。


小道100ほどで獣避けネットあり
ネットを開けて林道に入る。
残り0.8kmの標識で左へ入る
ここから先は道幅狭く未舗装になる。


滝の近くに2〜3台の駐車スペースあり。 滝に行くまでに立派な説明板がある。

アクセス:《福井県小浜市小屋》
国道162号線・中名田児童館前交差点から、田村川沿いの道(県道223号線)に入る。
国道から滝までの距離は約10km。
国道から先は標識が完備してるので、迷う事はないでしょう。
林道に入って最後の800mは、ほぼ全域行き違い不可能の狭い道。
対向車が来ないよう、祈りながら運転しましょう。
所々に尖った落小石があるので、そのてん普通車の場合は慎重に。
降車してからビューポイントまで、徒歩60〜70mほど。 (地図)








inserted by FC2 system