八重滝 落差40m 2013年11月



八重滝とは、渓流の1.5kmほどの間に連続する、八つの滝の総称です。
その代表格が、最奥に位置する “やしおだき(八塩滝+八汐滝)” です。


渓流の代表格である “やしお滝”





1番・猿飛滝


 
2番・滝尻滝(写真左)と、6番・姫滝付近から見た、7番・八塩滝。



3番・紅葉滝



4番・河鹿滝



5番・姥滝



6番・姫滝



ラストは7番・八塩滝と、8番・八汐滝。



八塩滝と八汐滝は、合わせて落差40mの2段の大滝。
実際には間にもう1段あるので、3段の滝という事になる。

アクセス:《島根県雲南市掛合町入間》
1番・猿飛滝は駐車場に行くまでにある。
駐車場(トイレ付)から最奥の八塩滝まで、1.2kmほど。(徒歩20〜30分)
アップダウンが少ないので、行程は比較的楽である。
地図の中心点は駐車場の位置です。 (地図)





inserted by FC2 system