普通車ならば、ここまで来るのは止めといた方が良い!
いちおう舗装はされてるが、道が細いうえに尖った落石が多い。
慎重な運転にも関わらず、当方の車(普通車)は2回底を打った。

5段目(写真左)と奥の院
滝はこの下にも2〜3段続いていた。

三方石観音案内図板の一部切り取り写真

第2駐車場から見た逆光の三方五湖

雄滝の上に連続する滝なので、雄滝の一部と見なせなくも無いのだが・・
奥の院の脇にある滝なので、ここでは奥の院の滝とした。
写真左は1〜2段目で、右は2〜4段目。

主瀑の落差は20m位だが、上に7〜8段あるので総落差40m程の大滝と言うことになる。

雌滝の1〜2段目(写真左)と、雌滝の下の小滝から見た雌滝。
雌滝の滝壷から下流は護岸工事がされてるので雰囲気は悪いが、
それより上流は目を見張るほどの良い滝だった。

奥の院の滝

雌滝

三方石観世音の雄滝・雌滝 落差40m 2011年10月

アクセス:《福井県若狭町三方》
国道27号線を北上した場合・・・
JR三方駅の少し北に 『三方石観世音』 と書かれた看板があるので、そこを右折する。
途中にある石観音を越えて、国道から1.2kmほど入った地点で右側に堰堤が見える。
その堰堤のある川を越えた所の右側(第1駐車場)に、駐車する。
側にある鳥居をくぐって堰堤の上に行けば、雌滝の下に着く。
雌滝の左側の道を上がって行けば雄滝へ、更に上がれば奥の院へ。
Pから奥の院まで徒歩10分ほど。




主瀑の落差は10m余りだが、上流に3つほどの小滝が続く。
主瀑の落ち口の所で合流している左側の谷にも小滝が連なる。
その連続小滝の落ち口は、奥の院の上の方にまで達している。

雄滝

inserted by FC2 system