通りすがりに寄ってみた。 雪融けで普段よりも水量が多い!

本滝のすぐ下流には、続いて小滝が二つある。
一つ目の小滝(写真左・2007年1月撮影)
二つ目の小滝(写真右・2011年2月撮影)

水分(みくまり)の里 栗柄・・・
倶利伽羅不動滝のある栗柄は、宮田川と杉ヶ谷川が平行して流れている。
両者の距離は200m足らずで、前者はやがて加古川〜瀬戸内海へ
後者は倶利伽羅不動滝を経て、竹田川〜由良川〜日本海へと注ぐ。
三方を山で囲まれた山間盆地の栗柄は、日本でも珍しい谷中分水界なのです。

                         

ついでに滝にも寄ってみた。

アクセス:《兵庫県篠山市栗柄》
県道97号線と69号線の分岐点(栗柄)に、分水界の説明板と滝の標識がある。
標識の奥にある御堂(栗柄観音堂)に駐車して、そこから滝まで100mあまり。

ついでの倶利伽羅不動の滝へ





2007年1月
2011年2月

写真右は、本滝の脇(支流)にある小滝。

倶利伽羅不動の滝 落差4m

2013年1月3日(6訪目)

訪れたものの、残念ながら何やら工事中だった。
道路端の側溝のような所にある滝で、しかも滝口はトユ・・・
初めて来た時には、一目見て写真も撮らずに引き返してしまった。
改めて訪れてみると、滝の周辺は幽境とでも云おうか独特の雰囲気があった。
・・・昔から地域の人々に大切にされてきた、信仰の滝だったのですね。



毎年1月3日には、滝の手前で大護摩焚き火渡りの儀が行われる。
今日はたまたま1月3日だったので、通りすがりに寄ってみた。
もう時間も11時を回っていたので、残念ながら火渡りの儀は終わっていた。
大判焼き屋さんにはまだ人が並んでいた。

inserted by FC2 system