しだれの滝の前におられるお方が今回ご一緒した さすらいの滝人さん。(写真右は白滝)

支流にかかる清涼の滝(写真左)と、静隠の滝。 (清涼の滝は右上の白く光った部分)

やまめの淵(写真左)と、魚止めの滝。

写真左は乙女の滝とそれの標識
落差1mほどしか無い滝なので、『乙女の淵』 とした方が的を得ていると思う。
それともそのすぐ下にあった落差5m余り(写真右)が、本当の乙女の滝なのか?

新庄屏風ヶ滝

変電所の裏に回り込めば 『屏風ヶ滝』 の標識(写真左)がある。
滝への山道は良く整備されており、新しい橋が何ヶ所にも架かっていた。

屏風ヶ滝までの道中・・

谷の両側が狭まって、突き当たりになった所の左側に滝が落ちていた。
滝の所で谷が直角に折れ曲がっているのだろう、何れにせよ良い滝でした。
滝の落差は20mとあるが、土砂に埋もれたのか実際はそれよりも低い。

屏風ヶ滝 落差20m 2011年10月

アクセス:《福井県美浜町新庄》
滝の入口は関西電力嶺南変電所の裏にあります。
国道27号線の河原市交差点から県道213号線に入り、耳川を右に見ながら南下する。
変電所は川の対岸にあるので、変電所が見えたら対岸に渡る。
もちちん最初から対岸の道を来ても良いです。
変電所裏へ行くに 我々は、変電所を正面に見て右側の道から入った。
すぐに動物進入防止扉があったが、その時は開いていた。
裏の方を目指して行けば、そのうち滝の標識がある。
標識に従って車道終点まで行けば、10台分くらいの駐車場と付近の案内図板がある。
そこから本滝までの距離は1kmほどで、時間にして40分ほど・・。
良く整備された山道だが、履物はトレシューか長靴が良いでしょう。




inserted by FC2 system