途中にあった電気柵

滝のお不動様

笹尾と書いて、『さそ』 って読みます。
石の鳥居をくぐって歩いて行くと・・
小さな木の鳥居の向こうに、お不動様と滝らしきものが見えた。
笹尾の不動滝は厳かな雰囲気の中にある、水も滴るほどの良い滝でした。
水は木の根を伝って滴り落ちていた

滝参道の入口には、不動明王と書かれた石の鳥居があった。

笹尾の不動滝 落差7m 2010年11月

アクセス:《京都府船井郡京丹波町笹尾》
篠山方面(兵庫県)から行った場合の説明・・
国道173号線 福井の交差点を東に入る。
途中の三叉路は左折して京丹波町方面へ
峠を越えてしばらく行くと右に笹尾の集落が見えてくる。
笹尾口バス停の所で右折して、笹尾橋を渡る。
集落を過ぎてから未舗装路となり、笹尾橋から2.2kmの地点で電気柵(写真上)があった。
そこから歩いても良かったが、昼間はたぶん通電されてないと思ったので
開けて中に入らせてもらった。
電気柵から300m行った所が広くなっているので、普通車だったらそこに駐車する。
そこから先へ歩くと200mほどで車道終点となり、その左に石の鳥居がある。
石の鳥居をくぐって、100mほど登ると滝がある。

笹尾の不動滝その2へ




inserted by FC2 system