本流にそそぐ支流の小滝(左)

この渓流瀑の手前に写真右の標識がある。

手前の落差7〜8mが唯一の難所
同行者のおかあちゃんには、ここで待っていてもらった。

むしろ本滝に至るまでの渓流の方が印象に残った。

本滝手前の小滝

らいでんの滝 落差15m 2010年4月

アクセス:《兵庫県朝来市和田山町竹ノ内》
不動の滝から100mほど先へ行った所の路肩に、車3台分くらいの駐車スペースがある。
その側の橋を渡った所に近畿自然歩道の立派な標識がある。
標識に書かれている 「西床尾山登山道・羅漢の谷」 方面(左)に入る。
標識が立派な割には登山道は欠落したままで、修復はされていない。
谷沿いの道をあるいて、精錬所跡、坑道跡の標識を見て
車道から20分くらい行った所に 「らいでんの滝」 の標識がある。
滝はそこから右の支流に入って100mくらいの所にある。(時間にして10分くらい)
難所は手前の落差7〜8mの小滝。
小滝の右側から高巻きする事も出来そうだったが
滝のすぐ左に古びたトラロープがぶら下がっていたので、それを頼りに登った。
古びたロープは体のバランスをとる程度のもので、体を預ける事は出来ない。




羅漢の谷(下流から順に)

これでもこの滝にしては水が多い方!
どうせ行くなら水が多い時にと思い、雨上がりに行ってみた。

標識には 「約10mの滝」 と書かれているが、実際はもっと大きい。

inserted by FC2 system