那智四十八滝の一つで、
古くは第三十七番 「奈可悟(なかご)」 の滝と呼ばれていたらしい。
それが、なぜ陰陽の滝と呼ばれるようになったかは説明板に書かれてました。
どうでも良い事ですが、書かれていた事は私の見解とは少し異なっていました。

陰陽の滝 落差12m 2010年3月

アクセス:《和歌山県那智勝浦町》
国道42号線、あるいは那智勝浦新宮道路の那智勝浦ICから
とりあえず那智大滝を目指して県道46号線を北上する。
那智大滝の少し手前、これから上りのカーブにさしかかろうとする辺りの道路右側に
「曼荼羅の郷河川公園」 と言う、トイレ付きの駐車場がある。
そこに駐車して、滝まで徒歩20分。
公園に案内図板があるので、それを見れば行き方は分かる。
滝前まで行くには、ちょっと分かり難いが左側に巻き道がある。




inserted by FC2 system