滝を撮る人は、ネッ友のsyou3さんです。

滝の周囲が馬蹄形にえぐれて洞窟のようになっている、ちょっと変わったタイプの滝だった。
洞は長さ、高さ、奥行きとも十分にあり、中に入ると何とも不思議な感じがした。
なぜ洞滝と呼ばれるようになったかは、
容易に推察できる。
中は覗かなかったが、滝の左側にある祠には不動明王が祀られているらしい。

洞滝 落差7m 2010年3月

アクセス:《兵庫県朝来市生野町黒川》
国道312号線の生野から国道429号線に入る。
銀山湖を過ぎて黒川に入り、平家坂橋バス停の辺りで右に入り梅ヶ畑を目指す。
そこから1.4〜1.5km行った所で右折して橋を渡って行くと梅ヶ畑の集落。
滝は梅ヶ畑の集落の奥、右折した所から2.5kmほどの所にある。
2km位までは普通車で入れたが、そこから先は林道が荒れているので徒歩になる。
歩き始めてから10分ほどで滝に着いた。
場所は谷が二手に分かれた所で、滝は左の谷に林道からでも見える。
そばまで行くには川を渡らなければならないので長靴が良いでしょう。
冬季以外はヤマビルに注意!




本滝下流の枝沢にあった無名滝

落差は4〜5mでしょうか

傘男は自分です。
(写真提供=syou3さん)

inserted by FC2 system