独鈷の滝から上流方向へ5分ほど歩くと、落差13mの不二(ふに)の滝がある。
独鈷が雄滝で、不二が雌滝〜上流にあるのが雌滝なのは珍しい。
岩瀧寺は尼寺なので、それと関係があるのだろうか・・?
まっ、そんな事はどうでも良いとして
途中にあるのが浅山不動尊(写真右)、洞窟の奥に不動明王が祀られている。

2007年1月 不二の滝

岩瀧寺の山門(鐘楼)

3年前には無かったはずの滝のお不動様 (2年前にはあった)

独鈷(どっこ・とっこ)は密教で用いる法具、独鈷の滝はそれと形が似ているらしい・・。
ここの紅(黄)葉のタイミングはだいたい分かっている。
毎日家に居るのも退屈なので、比較的近くにあるこの滝に今年も行った。

2008年12月

独鈷の滝は岩瀧寺の境内にある滝
駐車場に戻る途中で見た紅葉が綺麗だったので、写真を撮った。

独鈷の滝 落差20m 2010年11月
・・不二の滝

アクセス:《兵庫県丹波市氷上町香良》
県道7号線の氷上町桟敷の交差点の2kmほど北に滝の標識あり。
標識から2km程東に入ると、お寺の駐車場がある。
駐車場(無料または200円)から滝まで徒歩5〜10分。 (地図)

独鈷の滝(雪見編)へ






inserted by FC2 system