轟九十九滝と言うくらいだから本滝以外にも幾つかの滝がある。
せっかくここまで来たのだから、せめてもう一つ! で、2番目に近い二重滝に寄った。
意外と言っては何だが、意外に良い滝だった。

本滝(轟の滝)の滝口〜転んだら一巻の終わり(>_<)

二重滝 落差15m

轟九十九滝の本滝がこの轟の滝!
写真では分かり難いが、滝の周りは飛沫で霧がかかった様になっている。
風向きも災いし、お陰でレンズびしょ濡れ 迫力はあったが写真撮る余裕なかった。

本滝の滝口と二重滝のツーショット

余談だが・・
轟の滝の落差58mは公称値であって、実際はもっと低いと言われている。
果たしてどうだろう? 仮に58m無かったとしても、この二重滝を足せばあると思う。
だから公称58mは、まんざら嘘でも無い様な気がする。

轟の滝 落差58m 2009年4月

アクセス:《徳島県海陽町》
国道193号線の海陽町皆ノ瀬から県道148号線に入る。
そこから滝Pまで7〜8km位、滝までの標識は完備している。
Pからいちばん近い本滝まで徒歩5分。
本滝へは赤い橋を右へ渡って行く。
二重滝へは橋を渡らずに階段を上って行く。




inserted by FC2 system