ニコイ大滝 落差120m 2007年5月

アクセス:《岐阜県飛騨市》
国道360号線 宮川町の打保ダムの少し北に、池ヶ原湿原方面への標識がある。
そこから最初は菅沼谷沿いの道を進み、池ヶ原湿原またはニコイを目指す(標識あり)。
青少年旅行村址を越えてから道は曲りくねった上り坂になる。
坂を上りきる手前辺りの道路右側に、立入禁止の小さな標識がぶら下がっている。
ここまで国道から6.2km。
標識の側に駐車し、立入禁止の小道を2〜3分歩けば古びた鉄製の橋に着く。
橋の中程から滝の上部が見える。下流は木々が遮り良く見えない。
※先にある池ヶ原湿原も一見の価値あり。




滝の前には古びた鉄製の橋がある。落差120mの大滝だが、橋から見えるのは上から1/4位だけ。

滝への目印はこの標識だけ・・
滝を探し出すのにかなり苦労した。この場所は最初に気になったのだが、林道から僅か徒歩3分の所にあるはずの落差120mの水音が全く聞こえなかった。従って、再びこの場所に辿り着くまでにかなりの時間を費やした。

滝は橋から下へ延々と続いているが、木々が遮り全貌する事は出来ない。谷底は何処にあるのか分らないほど深い。


池ヶ原湿原

ニコイで見かけた

ニコイ大滝の上流にある池ヶ原湿原 これは湿原のほんの一部。
ミズバショウはもう終わり・・

熊ちゃんにだけは出合いたくない。

シャク

チゴユリ

ユキザサ

ミズバショウ

inserted by FC2 system