樹木



辻の四本杉 幹周9.7m

途中から幹が4本に枝分かれしている。


















藤坂のカツラ

篠山市の藤坂にある目通り周囲13mの大カツラ。


















コフキサルノコシカケ

立ち枯れのクヌギに出来たコフキサルノコシカケ。

















高原寺の枝垂桜

高原寺は清和台の西の外れにある。


















安田の大杉 幹周り8.4m



















ケヤキ

似ているが、欅ではないと思う。紅葉しかけの葉が、朝日を受けて美しかった。(2006年10月)
















常瀧寺の大公孫樹 幹周り10m

県内最大の公孫樹で北摂ではなく、青垣町大名草の常瀧寺にある。この樹を見る為には、山道を700m位登らなければならない。乳根が良く発達しており、なかなか見ごたえがあった。
















クヌギの台木

この手の木は北摂にはまだ多く残っている。薪とかシイタケのホダ木として、長年に渡り枝を切り続けた結果この様な形になった。
台木には洞とか朽ちた部分があり、オオクワガタ等の樹洞性クワガタ虫の貴重な生活の場となっている。(朽ちた部分は幼虫の餌に、樹液は成虫の餌に、洞は成虫の住みかとなる)














天王のアカガシ 幹周り5.2m

アカガシとしては希少な巨木で大阪府の天然記念物に指定されている。周囲にはモミの高木も多数生えている。
国道173号線天王の北側にあるトンネルの手前左側に駐車出来る。そこに説明書板がある。
















太子堂のモッコク

モッコクとしては大木、太子堂には杜松の大木もある。
車で近くまで行けるが、民家の中の非常に細い道を通らなければならない。
















野間の大ケヤキ 幹周り11.95m

北摂最大の巨木で国指定天然記念物。

















倉垣天満宮の大イチョウ 幹周り8.9m

大阪府指定天然記念物

















寸原のケヤキ 幹周り8.5m

ケヤキは普通箒状になるが、この木は雲竜型でそびえている。

















観音堂の大モミ 幹周り目測で5〜6m

郷土記念物 モミとしては県内第5位の巨木

この木を見上げていると不思議にも、木の持つ生命の力をいくらか貰った様な気分になってくる。















ハンノキ林

ささやまの森公園にある 
この場所は昔隠し田だったとの事
















北摂に多いコナラ林













home


inserted by FC2 system